宮城県聴覚障害情報センターは、聴覚障害に関連したさまざまなサービスを提供する総合的なセンターです。

FAX022-393-5502
日曜・祝日休

つながり作り

どんなことをするの?

私たちの周りには、さまざまな音や話し声があふれています。ご近所との挨拶や、ちょっとした立ち話、街を往く街宣車など。「きこえない」「きこえにくい」ということは、それらの音が、自然に耳から入らないということです。 外見だけでは「きこえるのか」「きこえないのか」わからないため、状況判断が遅れたり、いらぬ誤解を受け孤立してしまうこともあります。

「きこえないってどんなこと?」「どうコミュニケーションをとったらいいの?」など、聴覚障害に関する基礎知識やコミュニケーションに関することなどについて、みみサポみやぎでは出前講座を実施しています。
共に手をつなぎ、同じ地域の中で安心して暮らすための環境づくりをお手伝いします。

※開催した出前講座については、こちら をご覧ください。

出前講座申込みについて

宮城県内の団体・グループが対象です。午前10時から午後9時までの間で、所要時間は1時間~1時間半でご相談に応じます。
 ・会場は、お申し込み団体でご用意ください
 ・出前講座は無料です

出前講座申込み依頼書

所定のFAX用紙に必要事項をご記入の上、お申込みください。
 ●申込先FAX  022-393-5502
 ●お問合せTEL 022-393-5501
出前講座申込書 (Word形式) ※クリックするとWordファイルが表示されます。

出前講座メニュー

出前講座のメニューは下記の通りです。
メニュー以外の内容についてもご相談に応じます。お気軽にお問合せください。

テーマ メニュー
1 聴覚障害の基礎知識
「聞こえないってどんなこと?」
聞こえにくさは千差万別です。どんなときに不便だなあ、困ったなあと感じているのか、また、どんな工夫をしながら暮らしているのか。目からうろこの基礎知識です。
2 聴覚障害者とコミュニケーション 聞こえにくさと合わせて、さまざまな方法でコミュニケーションをとっている聴覚障害者。もっとつながれるように、コミュニケーションの「コツ」を教えます。
3 聴覚障害者と震災 「防災無線が聴こえなかった」「避難所では眠らずにずっと周りの様子をうかがっていた」……聞こえないことからくる”情報不足”。東日本大震災で聴覚障害者が直面した問題を伝えます。

開催した出前講座について

みみサポみやぎでこれまで開催した出前講座の様子を、「みみサポブログ」で紹介しています。
※下のリンクをクリックすると、ブログのページが開きます。
■11/30 白石市社会福祉事務所 さま(12/2更新)
■10/7 宮城県聴覚障害者協会青年部・関東ろう青年部 さま(10/17更新)
■9/18 手話サークル竹の子さま(9/19更新)
■7/1 手話サークル「ひょうたん」さま(7/1更新)
■6/2 多賀城あすなろサークルさま(6/2更新)
■5/29 宮城県図書館さま(5/29更新)
■5/23 みやぎ・せんだい中途失聴難聴者協会さま(5/23更新)
■4/11 パソコン要約筆記文字の都仙台さま(4/11更新)
■3/12 公益財団法人仙台市市民文化事業団さま(3/13更新)
■3/4 加美町社協「ボランティア講座」(3/7更新)
■2/26 手話サークル泉 さま(3/3更新)
■2/21 多賀城市鶴ヶ谷婦人防火クラブ さま(2/23更新)