宮城県聴覚障害者情報センターは、聴覚障害に関連したさまざまなサービスを提供する総合的なセンターです。

FAX022-393-5502
日曜・祝日休

電話リレーサービス

電話リレーサービスは、聴覚障害者が電話を利用するための仕組みです。オペレーターが手話や文字で通訳し、聞こえる人と聴覚障害者の同時双方向でのコミュニケーションを支援します。メールやFAXと違い、リアルタイムに相手と意思疎通ができることが大きなメリットです。
これまで、日本財団からの助成により、民間企業と、滋賀県・熊本県・沖縄県の聴覚障害者情報提供施設で、電話リレーサービスが実施されていました。聴覚障害者情報提供施設が行う電話リレーサービスについては、平成29年度より国の事業として実施されることが決まり、平成30年度から札幌市・福島県・宮城県の3つの聴覚障害者情報提供施設(3県合同で1つのユニット)も加わることになりました。
電話リレーサービスについてもっと詳しいことを知りたい、この機会に利用してみたいという方は、日本財団電話リレーサービス・モデルプロジェクトのホームページをご覧ください。利用登録は下記のホームページで受け付けています。

 利用登録→日本財団電話リレーサービス・モデルプロジェクト