宮城県聴覚障害情報センターは、聴覚障害に関連したさまざまなサービスを提供する総合的なセンターです。

FAX022-393-5502
日曜・祝日休

手話動画:H26-10 聴覚障害者の皆さまへ ~村井知事メッセージ~(2015年1月30日)

手話動画

  

テキストデータ

 皆さん、こんにちは。私は、宮城県知事の村井嘉浩と申します。
 皆さんが待ち望んだ聴覚障害者情報センターが、ついに宮城県にもオープンいたしました。
 このセンターは、聴覚に障害がある皆さまに向けて、さまざまな情報を提供したり、相談を受ける窓口のほか、地域でのつながり作りなどを支援する拠点として立ち上げました。
 これまで、聴覚障害関係団体の皆さまとともに、私たちが本当に必要なセンターが何かを、長い時間をかけて探ってまいりました。
 震災というつらく悲しい経験にも向き合い、この経験を決して無駄にはしない!という強い思いで、新しいセンター像を皆さまとともにひとつひとつ積み上げ、ようやくこうして「宮城県聴覚障害者情報センター」という形になりました。
 聴覚に障害のある方々が地域で安心して暮らすことを支える拠点を目指し、ご覧の4つの機能を事業の柱にしております。

  ① 啓発・交流・社会参加の中核的拠点
  ② 手話通訳者等意思疎通支援者の養成・派遣・研修の一元化
  ③ 総合的・専門的な相談・情報提供の窓口
  ④ 災害時の支援活動拠点の形成 ※旧みみサポみやぎの機能も引き継いでいます


 震災後、立ち上げた「みやぎ被災聴覚障害者情報支援センター」、愛称「みみサポみやぎ」の機能も併せ持ち、新しい「みみサポみやぎ」に生まれ変わりました。
 ですが、「みみサポみやぎ」はまだ生まれたばかりであります。皆さまにご利用いただくことで、「みみサポみやぎ」は育っていきます。ぜひ、お気軽にご利用いただき、皆さまとともに、新しい「みみサポみやぎ」を育んでいきたいと思います。

 一緒に、よりよい「みみサポみやぎ」を、そしてよりよい社会をつくっていきましょう!