宮城県聴覚障害情報センターは、聴覚障害に関連したさまざまなサービスを提供する総合的なセンターです。

FAX022-393-5502
日曜・祝日休

手話動画:秋バテを防ぎ、元気に過ごそう!(2014年9月29日)

手話動画

  

テキストデータ

 もう9月に入り、夏の暑さも過ぎたというのに、「何だか疲れが取れず、体がだるい、胃の調子が悪い」なんて言っていませんか。もしかすると、それは「夏バテ」ならぬ「秋バテ」かもしれません。
 夏には、冷房が効いた部屋に長時間いたり、つい冷たい食べ物や飲み物ばかりとってしまいがち。でも、そのために体は冷え、疲れがたまっていきます。さらに、夏から秋にかけての不安定な気候も影響し、体調を崩しやすくなります。これが「秋バテ」なのです。

 「秋バテ」の症状を防ぎ、軽くするためには……
①体を温める
 夏の暴飲暴食で弱った胃腸を整えるためにも、温かい汁物を食事の中に多く取り入れてみましょう。また、脱ぎ着のできるカーディガンを羽織ったり、薄手の腹巻をするなどして、体を冷やさないことを心がけてください。
②適度な運動を心がける
 気候が涼しくなると汗をかきにくくなるため、体内に疲労物質が溜まって疲れやすくなります。涼しい時間帯にウォーキングなどの軽い運動をして、適度に汗をかくようにしましょう。
③ぬるめのお風呂でリラックス
 1日の疲れを取るためには、37℃~39℃のぬるめのお風呂にゆっくりつかるようにしましょう。よく眠れない、寝つきが悪いという方には特にお勧めです。

 ポイントは、体を温めること、そしてゆったりリラックスすることのようです。行事も多く忙しい秋、元気に過ごしたいものです。