宮城県聴覚障害情報センターは、聴覚障害に関連したさまざまなサービスを提供する総合的なセンターです。

FAX022-393-5502
日曜・祝日休

手話動画:知っていますか?!自転車の安全な乗り方(2014年1月27日)

手話動画

  

テキストデータ

 皆さんは自転車に乗られますか。自転車は、車と比べてとても手軽な乗り物ですね。でも、法律上は「軽車両」。つまり車の仲間です。

 平成25年12月から道路交通法の一部が改正され、自転車利用に関するルールがさらに厳しくなりました。主な変更点は、
 ①自転車は、常に車道の左側通行。右側通行は禁止です。違反すると懲役または罰金が科せられるようになった。
 ②ブレーキ未整備、またはブレーキが利かない自転車に対しては、警察官が運転中止などを命じることができるようになった、という2点です。
 「そんなの知らなかった!」という方は、しっかり頭に入れておきましょう。

 警察庁では、ルール変更を広く周知するため「自転車安全運転5規則」を掲げています。

1 自転車は車道が原則、歩道は例外
 自転車も自動車と同じです。歩道と車道の区別があるところは、車道通行が原則です。でも、13歳未満の子どもや、70歳以上の高齢者などは歩道を通行できます。

2 車道は左側と通行
 車道の右側通行は厳禁です! 左側を通行しましょう。

3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
 歩道を通行する際は、歩行者の安全を優先し徐行しましょう。歩行者の通行を妨げる場合は、一時停止をしなければなりません。

4 安全ルールを守る
 自転車での飲酒運転や二人乗り、携帯電話や傘をさしての運転は禁止! 罰則の対象となります。

5 こどもはヘルメットを着用
 児童・幼児には乗車用ヘルメットを被らせるようにしましょう。

  これ以外にも、無灯火走行、並列走行、一時不停止なども禁止行為として罰則の対象になります。ルールとマナーを守って安全運転を心がけましょう。