宮城県聴覚障害情報センターは、聴覚障害に関連したさまざまなサービスを提供する総合的なセンターです。

FAX022-393-5502
日曜・祝日休

手話動画:「健康な食事」認証マーク(2014年10月20日)

手話動画

  

テキストデータ

 いまや、私たちの生活に身近なコンビニエンスストア。コンビニのお弁当やお惣菜はとても手軽で、最近は味もおいしく、種類も豊富になってきました。私もよくお世話になっています。しかし、そこで気になるのが栄養バランスやカロリー。
 厚生労働省は、コンビニやスーパーなどのお弁当やお惣菜の調理済み食品に、「健康な食事」認証マークを導入することを決めました。来年の4月からの運用を目指しています。

 「健康な食事」認証マークはこのようなマークで、主食、主菜、副菜の3分野に分けて表示します。黄色に稲のイラストはご飯やパンなどの主食で、赤にうろこのイラストは魚や肉などの主菜、緑の葉っぱは野菜やキノコなどの副菜を表しています。
 3分野別に必要な栄養素や、エネルギー量、塩分量の上限を設け、基準が満たされていれば、企業や販売店はこのマークを表示することができます。

 例えば、黄色と赤だけが表示されたお弁当の場合、緑の表示が付いたサラダなどを別に購入すれば3色が揃い、栄養バランスの良い「健康な食事」となります。
 とは言っても、「3色付いたコンビニ弁当を毎日食べているから健康になれる」というわけではありませんよ。まったく運動もせず、過剰な飲酒や喫煙を続けていては、な~んの意味もありません。
 来年4月がちょっと楽しみですね。

※この動画で使用した「健康な食事」認証マークは、厚生労働省「日本人の長寿を支える『健康な食事』のあり方に関する報告書 を加工して作成しました。