宮城県聴覚障害情報センターは、聴覚障害に関連したさまざまなサービスを提供する総合的なセンターです。

FAX022-393-5502
日曜・祝日休

手話動画:イベント情報:手話朗読「3.11 あの時を忘れない」~東日本大震災を手話で語り継ぐプロジェクト~(2014年9月16日)

手話動画

  

テキストデータ

那須です!
 今度、11月24日にイベントを開催します。
 午後2時から4時、会場は東北歴史博物館の講堂です。
 290人もの観客を収容できる素晴らしい会場です。
 博物館は、JR東北本線 国府多賀城駅のすぐ! すぐ目の前です!

 上演するのは、手話朗読「3.11 あの時を忘れない」。
 「手話朗読って?」と、見慣れない言葉にピンとこない方も多いでしょう。

 役者が台本を使って、例えば、戦争の悲惨な体験記などを音読して、観客にイメージを伝える朗読劇というものがあります。それは、史実を後世に語り継ぐという目的もあります。
 聴者による朗読劇はあちこちで開催されていますが、手話の朗読劇はこれまでほとんどありませんでした。

 そこで、わたしたちは…。
 あの東日本大震災を体験されたろう者に直接会って話を聞き、そして、そこで語られた震災時の情景や体験を、わたしたちが手話で語ります。
 みなさんの明日への大きな一歩になるよう、あの日の出来事を語り伝えられたらと思っています。

 さて、たくさんの方にお出でいただきたいので、入場は無料です。ただし、事前申し込みが必要です。詳しくは、こちら!