宮城県聴覚障害情報センターは、聴覚障害に関連したさまざまなサービスを提供する総合的なセンターです。

FAX022-393-5502
日曜・祝日休

手話動画:宮城障害者職業能力開発校のオープンキャンパス(2014年8月1日)

手話動画

  

テキストデータ

 今日は、仙台市にある「宮城障害者職業能力開発校」に来ています。ここは、就職を希望している障害者のための職業訓練施設で、パソコン操作で一番よく使われるワードやエクセル、また簿記会計、デザイン、情報技術など仕事に就く上で役に立つ技術を学ぶところです。

 今日は、ここ宮障校のオープンキャンパスのお知らせです。8月と10月の2回、校内を見学しながら、実際の訓練の様子を見たり、訓練内容の詳細を聞くことのできる「オープンキャンパス」が開催されます。パンフレットだけではわからないことも、実際に目で見て確かめられる絶好の機会です。
 では、オープンキャンパスの前に、ちょっとだけ訓練の様子をご紹介しましょう。

 宮障校は身体障害と知的障害に分かれていて、身体障害者対象の訓練科は3科あります。今、私がいるのが、「デジタルデザイン科」です。パソコンを使い、ポスターやちらし作成などのデザインを学ぶことができます。最新パソコンがひとり1台ずつ用意されています。今、プロジェクタを使って色彩の勉強をしているようですね。手話通訳者もいます。

 デジタルデザイン科のほか、事務系スキルを身に付ける「OAビジネス科」、情報技術を学ぶ「情報システム科」があります。
 オープンキャンパスは、8月29日金曜日と10月3日金曜日、それぞれ午後1時から開催されます。事前予約はいりません。見学や説明には手話通訳が付きます。希望する場合には、入校についての個別の相談も受けられます。
 現在就職活動中で、役立つ資格や技術を身に付けたいと考えている方、ぜひこの機会にオープンキャンパスへ行ってみませんか?