宮城県聴覚障害情報センターは、聴覚障害に関連したさまざまなサービスを提供する総合的なセンターです。

FAX022-393-5502
日曜・祝日休

手話動画:こんな言葉 知ってる?「ブラック企業」(2014年6月30日)

手話動画

  

テキストデータ

 最近、新聞やテレビドラマなどで、「ブラック企業」という言葉をよく目にします。「ブラック」は、日本語にすると「黒」ですね。「黒い会社」? ブラックリストとかブラックユーモアなんて言葉もあるけど…。

 「ブラック企業」の「ブラック」は、「黒」ではなく、「醜い」「邪悪」という意味で使われています。
 本来、私たちは決められた勤務時間で働き、残業をすれば残業代がもらえます。有給休暇なども取ることができます。また、正当な理由なく解雇されることもありません。しかし、企業の中には、従業員に、極端な長時間労働や過度の心身の負担を課すなど、就労の法律に反するような劣悪な環境で働かせ、それを改善しようとしない企業もあります。そのような企業を「悪い会社」、「ブラック企業」と呼ぶようになりました。

 この言葉が使われるようになったのは2008年ごろから。きっかけは、会社に不満を感じている人たちが、インターネットの掲示板に「うちの会社はブラックだ!」と、書き込んだことからです。さらに、テレビドラマや映画をきっかけにどんどん広がっていきました。もともとは、ネットでつくられた造語なので、国語辞典には載っていません。しかし、2013年には新語・流行語大賞にまで選ばれました。
 ちなみに、「ブラック企業」に対して「ホワイト企業」という言葉もあります。この言葉も造語で、働きやすくて待遇も良い企業という意味で使われています。