宮城県聴覚障害情報センターは、聴覚障害に関連したさまざまなサービスを提供する総合的なセンターです。

FAX022-393-5502
日曜・祝日休

手話動画:地域とのつなぎ役 設置手話通訳者(2013年11月25日)

手話動画

  

テキストデータ

 みなさん、11月号みみサポかわら版は、もう読みましたか。11月号から新連載「あなたの街でサポートします」が始まりました。このコーナーでは、県内の設置手話通訳者を順番に紹介していきます。第1回目は、県庁にいる県民相談室のお二人です。

 「設置手話通訳者って?」と、初めて知る方もいるかもしれませんね。
 設置手話通訳者は、各地域の役所や保険福祉事務所にいて、主に役所を訪れた聴覚障害者への通訳を行っています。また、地域の情報や福祉制度など私たちに必要な情報を提供してくれます。
 宮城県には、23の機関に設置手話通訳者がいます。名取市と亘理町には東日本大震災以降、週1回ではありますが、通訳者が1人ずつ設置されるようになり、役所関係の様々な手続きも、安心して行えるようになりました。

 行政の窓口として、地域と聴覚障害者とのつなぎ役を担っているのが、設置手話通訳者です。
 みみサポのホームページ『設置手話通訳者窓口一覧』では、通訳者の勤務曜日や勤務時間を確認することができます。

 さあ、早速、あなたの街の設置手話通訳者を訪ねてみませんか?