宮城県聴覚障害情報センターは、聴覚障害に関連したさまざまなサービスを提供する総合的なセンターです。

FAX022-393-5502
日曜・祝日休

手話動画:インターネットの情報を上手に活用しよう(2013年6月24日)

手話動画

  

テキストデータ

 
いまやインターネットは生活の必需品。パソコンや携帯電話、タブレット端末などで気軽に使うことができるようになりました。
 インターネットは、文字や画像、動画などの情報を検索でき、見るだけでなく、誰でも情報発信をすることができるので、とても便利ですね。ミクシィやツイッター、フェイスブックなど、特定のテーマや趣味、嗜好などを持った仲間同士で情報交換ができるソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を活用している方も多いことでしょう。東日本大震災の際にも、SNSは地域の生活情報の入手に大いに役立ちました。

 大量の情報をすばやく入手できることは、インターネットの最大の利点でしょう。しかし、これらの情報はすべて正しく、新しいものであるとは限りません。インターネット上には誤った情報や古い情報もあります。また、過度に人をあおって不安にさせたり、本当はうそなのにいかにも真実であるかのように装っている情報も少なくありません。インターネット上にある情報は膨大かつ多様であるため、正しい情報が何なのかを自分で判断する力が求められるのです。

 正確な情報を入手するには、まずは官公庁や公的機関のホームページなど、発信者・運営者がはっきりしているものにあたってみるのが確実です。ホームページを更新した日付を確認し、どの情報が最新なのかを確認するとよいでしょう。そして、情報の真偽があいまいな場合は、むやみに人に教えたり、インターネット上のブログやSNSなどに書き込んだりすることは控えましょう。
 インターネットの情報、上手に活用したいものですね。